スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
今日はシオドメディア☆
2007 / 10 / 19 ( Fri )
今やっと番宣番組の編集をしてました。
急いでやらないとたまって大変ですよね~。
カツカツは9月からいじってないし(^_^;)これから有閑があるし。
そういえば来週早速有閑倶楽部の再放送がありますが、これも撮るべきかしら?
11月から始まるanegoはどうしよう?
anegoは本放送から数えて3回目なのでもう2回分DVDに収まってます(笑)
でもきっと撮るだろうなあ…。HDDの編集が面倒だわ。雑誌はどうしよう??

昨日は本屋さんで女性セブンの仁の表紙を見ながら、有閑倶楽部DX買って来ました。
写真の帯を付くのを待ってたんですが、ちょうどDX版が出たのでこっちを買いました。
有閑倶楽部の漫画を読むのはすごい久しぶりです~~。
何十年ぶりだろう??
いったい何時頃読んだのか覚えてないのですが、私はりぼんは買ってなかったのでどこかで単行本で読んでたんでしょうかね??
1巻だけざざざーっと読みました、そういえばこんな感じだったなあ・・・って思いだしてきたり、忘れてたり(^_^;)
でもドラマを見た後なので、私の中で漫画よりドラマの出演者の方がピンときちゃって、漫画のキャラの方が違和感??
原作ファンの方と反対の感覚になってしまったかも(笑)
ドラマの前に読まなくて良かった(^^ゞ
でも、お話は面白いで全巻揃える予定です♪

TVぴあに3話のあらすじが載ってました。
なにやら卒業生が絡んでくるようです。でももう撮ってるのかな?(笑)
久しぶりにカツスタ聴いたんですが、昨日は雑音がひどくて半分くらいしか聴こえませんでした~。
シェリーがあと撮影の時の犬の話と、「シルクとウォーター」を即却下してたくらい?
二人のユニット名が何になるか楽しみです♪

今日はシオドメディアに仁が登場ですね♪
関東ローカルの短い番組ですが、これがかなりあなどれないんですよね(^^ゞ
ごくせんの頃やデビューの頃よく出てたんですよね、
いろんなゲームしたりかなり萌え度がある番組でした。
ゲームに勝って仁がヤンクミジャージもらってたこともあったなあ。。。
見れない地域の方も多いと思いますので、つたないレポしたいと思いますが、、、時間あるかなあ。
本当にね、今かなりヤバイ状況です(苦笑)
だって今週有閑倶楽部出演記念仁くんおめでとう祭ですっかり腑抜けな私です。
お仕事はどこ???って感じ…(-_-;)
納期さえ守ればある程度の調整がつく仕事なのですが、納期が迫ってきてます!!
そろそろお仕事モードに戻らないとねぇ、、、。

その前にまず今日は歯医者です(^^ゞ

その前に一言だけ。。。


なんか長くて濃い1週間だったなあ。。。
先週の土曜日のドラマの番宣番組、おしゃれイズム、当日の生番宣、直前SP、そして有閑倶楽部の放送と一気に色んなものが押し寄せてきました。
しかも10月でしょ去年のあのことは思い出しちゃうし、今頃会見見て泣いてたなあ、、、とか。
休業のこともあるけど、待ちにまったドラマの出演。
この日をどれ程夢見ていたか…。
幾度となく流した涙の日々を思い出したり。
連ドラ出演はanego以来の2年4ヶ月ぶり、しかも初主演。
段々期待と不安と心配で押しつぶされそうなくらいで何だか眠れなかったんですよね。
どうしてアイドルにここまで肩入れしてしまうのか、自分でも不思議ですけど…。
出来れば仁の代表作になって欲しいとか、あまりにも重い期待…。
仁にはかなり迷惑な話でしょうけど、本当にこんなことばかり考えていて、そんな張り詰めた精神状態であのドラマを見たわけですよね。
でもドラマってそんな姿勢で見るもんじゃあないなあ・・・って改めて感じましたね。
でも楽しみたい、楽しめればよいかな・・・っていつも言ってる仁がそんな周りの期待を知らないはずはないんですよね、彼はプレッシャーと戦ってるんだなあ、、、と思ったのはあるシーンの仁の手を見た時ですね。
1回目では気がつかなかったんですけど、2回目見た時それに気がついてなんか泣きそうになりました。

ドラマに何を求めているかでこのドラマへの評価は変わってくるようです。
私のような重た~~い気持で見てもあまり楽しめないのは当たり前。
原作のあの豪華で現実離れした内容を求める人にもそうでしょうね。

1回目の数字が出てホッと肩をなでおろしました。
まずまず合格のラインはクリアできたんじゃないでしょうか。
高くもないけど低くもない数字です。
でもこの数字を見て一番ホッとしてるのは仁かもしれない。。。
もうこれで変な煽りを入れられることもないでしょうし、そっちの注目を集めることもないはずです。
まずまずの無難なスタートを切って、いろんなプレッシャーから解き放たれた時にやっと仁の本領発揮ができるような気がします。
気軽に見られる痛快学園コメディー。
小学生や中学生が次の日に学校に行ってみんなで話題にできるような番組になってくれたら良いですね。
私の頃は「赤いシリーズ」がそうだったかなあ(笑)

とにかく見守って行きたいです…。




拍手コメありがとうございました~~♪
09 : 22 : 05 | 日記 | コメント(3) | page top↑
<<シオドメディアレポ | ホーム | カツカツに美波ちゃんと鶴太郎さん。>>
コメント
--拓ママで~す--

ナオさん、こんにちは(^0^)/
私も手が震えているシーンを見たとき、プレッシャーと戦っているであろう仁くんを思いちょっと泣けました。
このドラマ、きっと楽しんだ者勝ちですよね。だって家のお子ちゃま二人(8才&4才)はケラケラ笑ったり、PCのデータをコピーしている場面では怖がるやらジンジン危ない!と叫ぶやら(^^;
ものすごく入り込んでました。
ちなみに家の娘(8才)が嵌るドラマはハズレないです。近所のママ友も「Mちゃん(娘)が面白いって言うなら」って言いますよ~。
by: 拓ママ * 2007/10/19 10:40 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2007/10/19 13:15 * [ 編集] | page top↑
----

>拓ママさん
家の娘もPCデータのコピーしてる場面では、じんく~~ん危ない~、きゃー早く~~と騒いでましたよ。16歳ですけど(爆)
お嬢さんのドラマを見る目に賭けたいと思います(^^)v
知り合いのドラマ好きなダンナさんも同じで嵌ったドラマはほとんど当たるそうです。今回も有閑倶楽部良かったって言ってるって^^
確かに楽しんだモノ勝ちなのかもしれないですねぇ。。。
ああいう仁を見ていると、何があっても応援するわ~~v-238と母性本能に火v-42が点きますね(^^ゞ


>カギコメさん
私も好きすぎて死にそうです・・・(爆)
by: ナオ * 2007/10/20 02:31 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。