スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
仁を想うとき。。。
2007 / 04 / 23 ( Mon )
スポーツ新聞を3日連続買いました。
ダンナにあきれられてしまったわ~~(^_^;)
スポーツ報知と日刊スポーツ買いました。
いや~、6人Tシャツ姿で笑顔で手は握ってるし、頭は叩かれてるし…。
こんな楽しそうな仁って何時以来だろう??
記憶をたどると、もしかするとKAT-TUN×3くらいからかもしれない…って思ったり。
去年のデビューの頃にもこんな雰囲気は見せてもらえなかったからね。
色々言う人はいるけど、この笑顔を取り戻すために仁は休んでいたんだろうなあ、、、って思います。
そう考えると全然無駄じゃなかったんだよね。

仁がいない間むさぼるように見ていた過去の映像は、仁の明るい屈託のない笑顔であふれていました。
こんなに明るく笑う人なんだ…ってちょっとちくんとしたことも。
私の中の仁は憂いを帯びたような笑顔しか思い出せないくらいでしたから。

去年のKAT-TUNのデビュー前後からKAT-TUNを見ていて、どこでボタンを掛け違ってしまったんだろう…ってタメイキつくことが多かった気がします。
あんなに格好よくてあんなにステキなグループだったのに、輝きが薄れてしまっていくよう気がしてなりませんでした。
そんな中で一番もがいていた仁が休業宣言。
仁をもう二度と見れないのではないかという恐怖を抱えながら、これで仁休めるね…って思ったことも事実でした。

でもあの頃は仁が戻ってくるなんて、ミラクルでも起こらないとないんだろうあな。。。って正直かなりの確率であきらめていました。
でもなぜか時間が経てば経つほど、仁が戻ってくるって自信が深まってきましたね。
途中占いにすがったり、予言を信じたりもしました(^_^;)
でもどれもこれも、仁が戻ってくるって内容のものばかりでしたよね。
おみくじもそうでしたし(^^ゞ
なんだろう、そうやって決められたものだったのかなあ。。。

そして仁は復帰しました。
ミラクルが起こったんですよね。
それを起したのは、ファンの力も少しはあったのかな?
でもKAT-TUNの力ですよね。
一番KAT-TUNを大事に思っていたのは、KAT-TUNひとりひとりだったんじゃないのかなあってみんなの笑顔見てそう思います。

仙台で歌った仁の写真を見て、なぜ仙台で復帰なのかちょっと感じるところもあります。
5人のファンの方も思うところはあるでしょうね。
どうして最後まで5人のコンサートをやらせてあげなかったのか。
仕切りなおししてから、仁を復帰させてもよかったはずですよね。
終った会場にも行ってた仁ファンもいたはずですしね。
理由はわかりません、仁が復帰時期を自分で決めることが出来るはずもないし、大人の事情なんでしょうねぇ。
でもそこに出ると決まったからには、6人とも頑張ってるなあ…と感じます。
前を見据えて進んでいるんですよね。
私はこれからも仁とKAT-TUNを応援するだけですね。


仁の復帰は嬉しさでいっぱいですが、仁の会見のNEWSを追いかけていると嬉しさいっぱいだけではいられないですね。
厳しい意見もあるし、仁への風当たりの強さも感じます。
でもそれは仕方のないこと、仁が選んだ道、仁が起してしまったことへの当然のペナルティだと思って、私たちも受け入れないといけないのでしょうけど、正直凹むこともあります。
なんといっても盲目仁ファンですから(^_^;)

その中でもある番組はとっても酷かったです。編集に悪意を感じました。
仁の休業の時もその番組は酷くて、私はその後その人達が出演してるWSは避けるようになりました。
今回はどうかなと見ましたけど、ちょっと辛かったなあ。。。
その中で出演していたお笑いタレントさんが、「KAT-TUNはみんな魅力があるからっ」って言ってくれたんですよね。とくに仁をかばう発言ではなかったんですが、とても好感もてました。

そのお笑いタレントさんは品川庄司の品川裕さんですがご自身のブログで仁のことも書いてくださってます。
その番組内で言えなかったので…という前フリで。
品川さんは言いたかったんですね、確かに何か言いたそうな表情をしてました。
でもあの番組の中では言えないですよね、確かに(-_-;)
言ってわかってくれる人達でもないだろうし、
でもこうやって仁のことを言ってくれる人もいるんですよね。
もちろん仁への愛のある苦言は多いに受けなくてはいけないと思ってます。
でもふと立ち止まりたくなる気持、一旦休みたくなる気持、それを理解してもらえる人達も世の中にいるってことにも気がついて本当に嬉しいです。
休業した時も同じようなこと感じましたけどね、エールを送ってくれる人もいましたよね。

後は仁がどれだけ頑張れるかでしょうね。
5人のファンの信頼を取り戻せるように頑張って欲しいです。
やっぱりKAT-TUNにAは必要だよねって言ってもらえるようにね。
そうなったら、世間の風向きも変わってくると信じています。




02 : 06 : 54 | 日記 | コメント(1) | page top↑
<<おかえり!!! | ホーム | 仁が歌う。。。*追記レポあり>>
コメント
----

はじめまして(ですよね!?)



私のサイトで

こちらの記事を紹介させていただきました。



紹介記事は

http://blog.livedoor.jp/zero_love/archives/53949201.html

です。



よろしくお願いいたします。
by: ズィロ * 2007/04/23 09:47 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。