スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
きこりが暴れています。
2006 / 07 / 31 ( Mon )
ツルーゲーネフに反応してしまいました。
昨日のマイボスの牛のツルゲーネフ。
あの、シーン笑えたなあ。。。


下がったテンションがなかなか上がらないんですけど
仁やKAT-TUNが自分の中で大きすぎるんですよね、きっと。
もっと適度な距離感を保てると良いんでしょうけど、、、
だめだなあ~~(>_<)

なんでこんなになっているのか、、、
私の胸の中のきこりが暴れているんですよね、きっと(笑)
決して初恋じゃないですけど、、、(^_^;)
もたい@先生の「痛みなのよ、本当の恋っていうのは・・・。」
哲学ですねぇ。。。
確かに「痛い。」です。

私ねえ、仁みたいなタイプ本当に初めてなんです。
今まであんな感じの人、ニガテでした。
ちょっと俺様的な感じがするでしょ、ぱっと見自信家に見えるし
でも、そういう人に限って小心者だったりするし。
私のタイプは優しくて穏やかな人です。
内面も外見も穏やかで温和な人が好き、大きな声を出す人も苦手です。
仁みたいな人って魅力的だけど、疲れそうだし魅かれることはないと思ってました。
大体仁タイプの隣にいる優しそうな大人しそうな人が好きなはずだったんだけど。

そういう自分の根本的なところまで覆らされちゃったんですよね(笑)
仁てある意味本能のままに生きている感じだから、自分の中の眠っていた部分を刺激されたのかもしれません。

仁の奔放で開放的な所がとても羨ましくて。
セクシーさと無邪気さのギャップにいつも翻弄されています。
仁の魅力はたくさんありますが、その一つ一つが仁の非難のもとだったりして。
でもあの性格がなくなると仁の魅力も削がれるような気がします。
もちろん全て肯定できることではなく、仁自身が改めていかなくてはいけない部分もありますけど、仁らしさを失わずにいて欲しいなあと願っています。

もっと上手に生きていきなさいよ、
と仁より長く生きている分言ってあげたくなりますけど、
本人も気がついている所もあるはず。
でも、出来ないって思ってるのかなあ。
周りの大人が言ってあげると良いのに、、、って思うけど
結局は自分自身だからね。

そんな仁を見ていて、辛くなる日もあります。
今がそうかな(笑)
前向きに応援できる時もあるんだけど。

ただ、ものすごく批判を受けているときは
仁は本当に優しい人なんだよ、、、って言いたくなります。
仁は解ってもらえなくても良いって思っているのかもしれないけど
自分の好きな人が悪く言われていると、やはり辛いなあ、、、。

やっぱりね、誤解をうけない程度に自分をアピールする術を身につけて欲しいなあ。
饒舌にまでならなくて良いから、言葉が足らない所を補えるくらいの表現力を持った人だけど、悪い印象をもたれるとやはり損をすることが多いと思うんだよね。

めんどくせ~って思うことも多いかもしれないけど
大人になるってそういうことだし。
仁には素敵な大人の男になって欲しいと思っています。
子どもの心を忘れない大人の男にね。


今は24時間TVが無事にやり終えることかなあ。
私もそれが終ると少し気持ちが落ち着くような気がします。
心配もあるし楽しみもあるし、複雑な気持ちです。
大きな仕事だから、終った後に収穫も多いと思います。
気の弱い私には、大きな気持ちで見守ることは難しいですけど
それでも影からそっと見守っています。


----------------
夏休みでブログの更新も滞るかもしれませんが
続けて行きたいと思いますので、またよろしくお願いします。
ご心配かけてすみませんでした。
02 : 19 : 49 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<8月です! | ホーム | とりあえず。>>
コメント
----

よかった、ナオさん。。。少し気持ちが回復兆しですか(#^^#)
リンクされてるブログさんを毎日拝見しながら、ナオさん大丈夫かな~って何度も確認しに来ていたんですよ~!
みんなの心の中で、仁っていうとてつもなく暴れん坊なきこりが胸を打ち続けて止まらないんですよね。。。
私もね、仁はあぁ見えて本当に心のキレイな人だと思いますよ。ジャイアンな天使(?)っていうんですか(^^:)今回の事も、なんか訳あってのことのように思いますが、私達コアなファンならともかく通用しない相手がまだまだ多いんですよね、きっと。
仁があぁいうキャラだから、ファンに愛されて止まないってこと、わかってくれているメディアも一部ありますよね。
BAILAなんて、まさにそうかな。凹んじゃったけど、あれはあれで仁の魅力を理解してくれている気がしました。
もっとそれが世の中に浸透するまで、仁が結果をどんどん出してキャリアを積むか、仁が少しずつ変わっていくか。
私もハラハラさせらっぱなしで、しんどいけどどちらかと言うと前者の方であってほしい気がします。
これからも仁同様、マイペースで応援しましょう!
by: じゅんこ。 * 2006/07/31 20:05 * URL [ 編集] | page top↑
----

>じゅんこ。さん
いろいろご心配おかけしました~。
完全復帰ってわけでもないのですが
ちょっとづつね(^^ゞ

>ジャイアンな天使(?)
確かにねぇ、、、。
BAILAは愛を感じました。
TVジョンもそうですね、仁のこと理解してくださってますね。
そういう方達がいるだけで感謝ですよね。
by: ナオ * 2006/08/01 00:23 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanana07.blog37.fc2.com/tb.php/256-a49546d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。