スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
舞台挨拶☆
2010 / 01 / 18 ( Mon )
大ヒット御礼!全国39劇場生中継舞台挨拶決定!
1月25日(月)16:10の回上映終了後、及び19:15の回上映前。
TOHOシネマズ六本木「赤西仁、北乃きい、小林武史監督」
詳細はBANDAGE公式サイト
全国38ヶ所で生中継するそうです。

舞台挨拶の様子をCS日本映画チャンネルで見ることができました♪
客席の横のドアから仁を先頭にキャストと監督が登場して壇上にあがりました。
仁がトップバッターの舞台挨拶、おしゃまさんは番傘を開いてました(笑)
ひとりづつの挨拶が続いて最後は監督で締め。
フォトセッションで客席を背に並んで立っていて、全員で「BANDAGE」と叫んで
LANDSロゴ入りタオルを上に投げた時一枚のタオルが仁の頭にふわりと乗っかって(笑)
そのままタオルを載せたまま仁はお客さんの方を振り返ってキャストさん達大爆笑してました。
仁がタオルを取って持ち主に返してた時にお客さんのきゃ~と悲鳴(笑)
それで終わりでしたけどなごやかな雰囲気の舞台挨拶になりましたね♪

舞台挨拶の記事が載ったスポ誌は今日は写真の大きさでスポニチとデイリーにしました♪
2誌とも仁が頭にタオル載せた写真使っていて、仁が変顔?ぽくにや~としてます(笑)
うちのダンナはなんでこんな顔してるの?って不思議がってましたけど(^^ゞ

明日のWSでもこの様子が見れるかな?
土曜日の舞台挨拶二部に入ったお友達からメールもらいましたけど
仁くんニット帽でおめめクリクリだったそうです。
マスコミが入ってない舞台挨拶は和やかなんですよね~。
仁は「アンチテーゼ(?)」と言ってたそうですが、なんでしょう?(笑)
舞台袖でも笑い声が聞こえたり終始楽しそうだったって^^
(yさんありがとうございます~♪)

後台湾、韓国での公開が決まったんですよね♪
おめでとうございます!!
岩井さんの映画は韓国で人気あるし、とくに「ラブレター」が大人気なんですよね。
私も知り合いにロケ地の写真撮ってと頼まれたことがあります。
ロケ地の中学校が私の実家のそばだったんです。
その関係もあってか小樽は韓国からの観光客が多くてロケ地めぐりする方も多いんですよね。
ファンの行動って国は違ってもみんな一緒ですね~(笑)
他にもまだアジアやヨーロッパで公開するかもしれないということで
BANDAGEが世界に広がっていくかも…嬉しいですね♪

映画を見て一日経ったんですが、まだ余韻に浸ってます。


そういえば映画館を出て口ずさんでたのが「勇気」だった(笑)
なんで勇気なのか判らないんだけど、耳に残ってます。
元気も二十歳の戦争も泣けるんだけど、私は勇気が好きかも。


昨日は心が痛くて切なくて辛かったんですけど
今日はもう少し穏やかな気持ちになれたかな?
お友達とラストについて色々語ってたんですが、
それでずいぶん心が落ち着いたかも(^^ゞ
結局ナツは今烏龍舎所属なんじゃないかって(爆)

今日は購入してネタバレが嫌でほとんど見てなかった公式フォトブックを見てました。
もうほんとすみからすみまで(笑)
セリフの一言一言がよみがえりますね。
キャストの方たちの役にかける思いとかどう演じたかとか。
映画を見る前に読んでいた雑誌に載っていたのと同じように語ってるのですが
やっぱり映画を見てからでは全然感じ方が違うわ~。
写真もこれはどの歌を歌ってるLANDSなのかと映画のシーンを思い出したり。
オフィスの後ろに貼ってあるポスターを見つけました。
ツアーの日程やセカンドアルバム発売の日付が書いてあって
それが1990年って文字を見ると、今そこにLANDSはいないんだなってなんだかとっても
胸が締め付けられます。
今まで古いドラマや映画を見ても、そこにその人たちが存在しないことの哀しさって感じた事ないのに
BANDAGEはなぜこんなに切ない気持ちになるのかしら。
私映画にはまったというよりLANDSにはまったような気がします。
LANDSというグループにとても惹かれました。
よくこの映画はドキュメンタリーのようだと言われたけど
そういう感覚なのかな。

欲を言えばもっとLANDSを描いて欲しかった。
あれもこれも掘り下げて欲しかった…って思ってます。
そういう視線のBANDAGEも見たかったな。

いまそこにLANDSはいないと言いましたけど、これって私の解釈ですよね。
あのラストははっきりLANDSとナツの行く末を示してないので
メンバーがどうしてるのかとか、ナツは今どういう存在なのかって判らないのですが
私は勝手に歌は続けてるけど、あのメンバーとは別れてると考えてます。
でも歌を続けてくれて本当に救われました。
最後ナツが映るまでかなりドキドキして。
レコーディングスタッフの声がナツの声に似てるような気がして
もしやナツはスタッフになったの?って一瞬考えたのですが(笑)
お友達に聞いたらあれはどうやら小林監督の声だそうです(爆)
仁と小林監督の声って似てるのかしら?空耳アワー?(^^ゞ
ブースで歌うナツを見て、良かった…と心から思いました。
しかも後光が差す様に光り輝いてるし。

あれは2年後なので1993年頃?
2010年のナツはどうしてるのかしら?LANDSのメンバーは?
(そう考えるとナツと私って同年代なんだ(笑))
そんな思いをめぐらせてしまう映画でした。


♪一言コメレス♪

>Sさん
とうとう無事に公開になりましたね~♪一日テレビジャック朝早くから頑張ってました。ANNでは鼻声ですみませんと言ってたけど、悪化してないと良いですね。火曜日はラストライブもありますしね♪

>Mさん
岡田さん映画見てたくさん語ってくれてました。こういう反応が一番嬉しいわ♪モンブラン食べる仁も本当に可愛かったです♪映画を見て改めてアルバムを聴いてますが本当にステキな曲ばかりです(^^)v

>Wさん
平日に行かれるんですね~。仁くんの言う「世界観」に浸ってください(^^)v私は相当浸ってます。うちの娘はかなりの辛口なんで私もちょっと怖いんですよね(^^ゞ映画もまだなんでそっちの感想もけっこう怖い…(笑)

>Rさん
海外で公開されても歌には字幕がつくだけだと思いますよ。英語バージョンは確かに聴いてみたいです(^^)v次はどんな役に挑戦してくれるのか楽しみです~♪

>17:05にコメントくれた方
ありがとうございます~♪本当に良い作品で映画デビューできて嬉しいです。これからも応援していきましょうね~♪
02 : 00 : 14 | 日記 | コメント(0) | page top↑
<<恋人にしたいアーティスト☆ | ホーム | 祝☆BANDAGE公開☆>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。